Everything's Gone Green

感想などです

そもそも「10代のリアル」って誰が読みたいのか

 おれは学生が嫌いだ。特に10代の学生が嫌いだ。どうしようもなくバカで世間知らずで、そのくせやたらと万能感だけは持っていて、世界は自分を中心に回っていると思っているような学生が死ぬほど嫌いだ。それは昔おれがそうだったからでもあるし、単純に見ていて不快だからでもある。

 

 高校生ら10代の学生を集めて、彼らの「リアル」を発信することを目的としている青春基地というサイトが、他人の褌で相撲を取っているツイッターのアカウントの中身に取材して爆発炎上したのがつい数日前である。その時までこの青春基地というWEBサイトをおれは知らなかったのだけど、事故がおこってから他の記事もちょっと見てみて、正直「あ〜〜これは火が付くのは時間の問題だったな……」と思ってしまった。というのも、情報にまったくキュレーションがされておらず、編集者不在のまま突っ走っているようにしか見えなかったからである。先導する人間がいないまま無免許かつノーブレーキで車を走らせているようなもので、そりゃ事故るよなと思った。アドバイザーとして顔を出しているおっさんたちは一体なにをやっていたのか。

 

 炎上自体は個人的にはどうでもいいといえばどうでもいい。あの記事を書いた女子高生(本当に女子高生が書いたのかわからないし、もっと言えば本当にコピーライティングのアカウントの中身にちゃんと取材したのかもわからないのだが)は悪い男性に騙されないように強く生きてほしいと願うばかりだ。ムカついてるのは青春基地というサイトとその周辺の大人の反応に関してである。

 

 というのも、炎上したもの以外の記事も読んでみたのだけど、件のWEBサイト、情報が薄いのだ。高校生が取材して記事も書いているという触れ込みなのでスキルがないのは当たり前といえば当たり前だが、面白そうな取材対象でも突っ込みが浅く、結局テキストが自己満足っぽい内容で終わっていたり、おれからすると「お、おう……そうか、よかったな……」としか言えないものも多い。そしてそれがいきなりインターネットというサバンナにゴロリと転がっている。危険である。そもそも「高校生編集者」が記事を書くと言っているが、記事を書くのはライターの仕事であり、編集者は企画を考えたりライターと擦り合わせつつ文章を叩いて直したりその他周辺の雑事をやったり……というのが本来の仕事のはずでは……? 編集者に取材しに行ったりしてるけど、編集という仕事の本質的なところがなんだかガバガバなのである。恐らく関係している人間はだれもそのあたりが分かっていなかったのではないか。せめて高校生記者って書けよ。

 

 どれもこれも高校生だからしょうがない、といって目こぼししてしまうのは簡単なんだけど、それを期待してるなら最初からこんなことしなければいいのに、というのが正直なところだ。そして困ったことに「高校生だからしょうがないし、この年齢でこんなことができているのはすごいよ!」と彼らを称揚してしまうガバガバな大人が世間には恐らく一定数いるのである。

 

 青春基地の記事をいくつか見てみたところ、けっこうな割合の記事が「10代が10代に向けて書いているもの」だったと思う。それはまあ稚拙でもいいのかもしれない。なんせ10代の人間はバカで幼稚でものを知らず、そしてバカで幼稚でも別に大して問題にならないのが彼らの特権だ。幼稚な人間が幼稚な人間に向けてものを書くならそれでサイクルは成立する。勝手にやっていればいい。学校新聞とかで。

 

 おれが一番ムカつくのがそんな幼稚なやりとりをもてはやして理解者っぽい態度を取りたがる大人なのである。何がムカつくって、そういう態度を取るのはめちゃくちゃチョロいのだ。簡単なのである。ガキを褒めれば理解者になれるんだから当然だけど。いい年ぶっこいて高校生が書いたクソみたいなテキスト読んで理解者面するのって空しくないのかと思う。

 

 いずれもおれの視界に入ってこなかったら特に気にならなかったんだけど(実際学生向けの雑誌とかでやっててくれれば、おれが読まなかったらそれですんでいた)、今回はたまたま諸々の騒ぎが視界に入ってしまったのでここ数日なんだかムシャクシャしている。そもそも「10代のリアル」なんて大半の人間には関係がないし、それを発信してなんかいいことがあるのか。その情報は世間のどこに需要があるのか。「10代の人間」と「ガキを褒めそやしていい気になりたいバカなおっさんとおばさん」以外にそんなもんを読みたいやつがいるのか。ピンポイントでそこにしか需要がない情報をただただ垂れ流して一体全体なにがしたかったのか。はなはだ疑問である。残念ながら世の中は10代のガキを中心に回っているわけではないのだ。

 

 単に若いことだけを売りにして記事を書けばあんまり面白くないものができあがってしまうし、やっぱりちゃんと脇からサポートする人間がいないとダメ、という、当たり前すぎる結論の話なんだけど、とにかくそれを横から褒めそやす頭の悪い大人が最悪である。この機会に一掃されてほしいが、それはできない相談だと思うのでなるべく視界に入れないようにして生活するしかない。どこまで行ってもやっぱり学生という対象はめんどくさいし、好きになれそうにないのだった。